ヘッダー画像用

広告



MHW

ストーリー最終クエスト?「導きの歌」。これだから大自然ってやつは!

ストーリー上の最終クエスト「導きの歌」に行ってきました。

ターゲットはアン・イシュワルダ。場所は淵源の孤島です。

全開の悉くを滅ぼすネルギガンテの続きですね。

弱点属性は氷、弱点部位は第一形態は頭部、第二形態は前足。

前回の失敗を踏まえて、モドリ玉もしっかり持ち込んで出発です。

攻略法を色々見たのですが、クラッチクローを使っての壁ドンってやつをしないときついらしいです。

何やら落石を発生させるポイントがあって、そこに壁ドンすることで大ダメージを与えられるとか。

クラッチクローはほぼ使ったこと無いので動画見てみましたが、なんか難しそうです。

クラッチクローの練習してからいこうかなと思いましたが、面倒くさいので却下!

壁ドンは無しの方向で行きます。どうしてもダメなら練習します。

アンイシュワルダは第一形態と第二形態があって、第一形態は岩を全身に身にまとった姿で現れます。

第一形態の弱点は頭部で、頭部はかなり大きいので狙いやすいです。

岩をまとっているだけあって、かなり動作は遅く、スキも結構あるので第一形態は結構楽に倒せます。

注意したほうがいいかなと思うのは地面に作り出す柔らかい砂場みたいなやつ。

足を取られてしまって動作が遅くなるので、そこに攻撃を重ねられると避けられずに大ダメージくらうこともちょくちょくありました。

後で調べて分かったのですが、水場・深雪適応スキルを発動させることで足を取られることなく動けるようです。

連戦したりするときは発動させたほうがストレスフリーでできそうですね。

続いて第二形態はまとっていた岩が剥がれ外見は一変してスリムに。

アンガールズ田中状態ですね。

戦法はとにかく前足を攻撃して破壊すること。破壊すると大ダウンするので攻撃を集中するチャンスです。

前足にクラッチクローで傷をつけるといいらしいですが、これも却下!

クラッチクローを一切使わずに前足にプシュンプシュン。

大ダウンを取ったら剛射も織り交ぜて連打連打!!

起き上がるとまた前足を執拗に攻撃、ダウンとってまた連打!基本はこれの繰り返しでした。

警戒すべき攻撃はエリア全体を砂場にして大ダメージまで与えてくる攻撃。

これはマップのはしっこまで逃げればくらわないので予備動作を確認したらマップの端まで猛ダッシュ。

予備動作がかなり長いので余裕で間に合うと思います。

あと、頻繁にしてくる翼手からのレーザーみたいなやつ。

これは結構避けにくくて何度もくらいました。

30分くらい戦ったくらいで、あーこりゃクラッチクロー練習しないとダメだなと思った矢先にクエストクリア!

めちゃくちゃしんどかったです。足場が悪いのがかなりストレスだし、翼手からのレーザーは上手くかわせなくてきつかったです。

クエストクリアでムービースタート。受付嬢とおばさまが駆けつけてきてくれました。

続いて調査団のみんなも駆けつけてきてくれて大団円でエンディング。

かと思いきや、ギョロリと動くアンイシュワルダの怖い目!

再び立ち上がり、襲いかかろうとするアンイシュワルダ。

おいおい、また連戦させるつもりか?

と思いきや、倒したはずの悉くを滅ぼすネルギガンテが颯爽と登場。

お互い手負いのはずなのにアンイシュワルダをボコボコにして飛び去るネルギガンテ・・・。

いや、お前が最強やんけ。。。。

ネルギガンテに良いところを奪われましたね。

まったく、これだから大自然ってやつは!

一応これでストーリーはクリアみたいです。

クリアタイムを見てみると33分。メチャクチャ時間かかってました。

やっぱりクラッチクローの練習しないといけませんね。

拠点に帰ると導きの地とやらに行けるようになっていて、後は武器や防具のカスタム強化とかいろいろ開放されたみたいです。

モンハンってストーリークリアがスタートみたいなもんですよね。

ここからまた色んな素材集めや装飾品集めが始まります。

導きの地のシステムがいまいち分かっていないのですが、適当にやってみようと思います。

とりあえず次はジンオウガを狩りに行けるまですすめる予定です。ジンオウガは過去作でやったことあるのでどうにかなるんじゃないかな?

▼ブログランキングに参加中▼

広告

good!

© 2020 わるおの日常