ヘッダー画像用

広告



MHW

アイスボーン序盤で作れるオススメ属性弓

モンスターハンターワールドアイスボーンで僕の現状(MR16M★4)で作成可能な属性弓を紹介しようと思います。

火属性

火属性弓でオススメなのは骨素材派生の「ディノアローⅡ」

属性値390と申し分なく、武器スロットも①①と使い勝手がいい。欠点は会心率がないことくらい。

主要素材は斬竜(ディノバルド)と兇爪竜(オドガロン亜種)。どちらもM★3のクエストで出現するので結構早い段階で作成可能。

他の火属性弓では、銀火竜の烈弓と蛮顎竜ノ火矢Ⅱあたりが使えそうかな。

銀火竜の烈弓はリオレウス希少種の素材が必要なので終盤までは作成不可。

属性値は330、会心率20%、スロット①というスペックで会心率以外はディノアローⅡの方が上。会心撃【属性】をスキルに組み込むことが多いので会心率の高さは嬉しいですけどね。

蛮顎竜ノ火矢Ⅱはアンジャナフとリオレウス亜種の素材が主要素材なので序盤で作れますが、会心率-20%がかなり痛い。あと武器スロットもなし。

ということで、ディノアローⅡが一番使い勝手もいいかなと思います。ワールドの時点でアンジャナフの弓(ジャナフアルカウスⅢ)を作っていたなら最初は蛮顎竜作っておいて後々ディノアロー作るって感じでもいいと思います。というか、蛮顎竜ノ火だけでもいいと思いますけどね。

会心率-20%が僕は気に入らないのでディノアローを作りました。

水属性

水属性弓でオススメなのは鉄弓派生の「ラグーナシュートⅡ」

属性値330とそこそこの数値に、武器スロット②①と使い勝手がいい。瓶は接撃と強撃しか使えないけど、そもそも僕は状態異常瓶を使うことが少ないので問題なし。

ワールドの時は水属性武器はあまりいいのが無い印象だったんだけど、アイスボーンでは覚醒前提なら結構いい水弓も多いです。

覚醒前提だと少し敬遠してしまいますけどね。

ラグーナシュートは覚醒不要なので作っておいて損はないと思います。

主要素材はプケプケ亜種とディノバルド亜種。ディノバルド亜種は★4からだったかな?★4まではすぐにいけるので問題ないと思います。

氷属性

氷属性でオススメなのは鉄弓派生の「ブリーナファーン」か「アイシクルブリザードⅡ」。

ブリーナファーンは最終強化の1つ前の段階ですがそれでも強いです。最終強化にはイヴェルカーナの素材が必要なので終盤までは強化不可。

ブリーナファーン自体の主要素材は凍て刺すレイギエナの素材なので結構早い段階で作成可能です。

アイシクルブリザードⅡは会心率が25%と高めですが、属性値が300。ブリーナファーンの属性値が420なので差が120。会心率と属性値のどちらを優先するかになりますが、僕はブリーナファーンがいいかなと思います。伸びしろあるしね。

弱点特攻や会心率アップスキルつけて弱点を正確に狙える人ならアイシクルブリザードかな?

雷属性

雷属性でオススメなのはハンターボウ派生の「万雷弓【羽々矢】」。

属性値が330、会心率15%、スロット①とバランスのいい弓かなと思っています。

主要素材はトビカガチとオドガロン。どちらもマスターランクの早い段階で出現するので早めに作成可能です。

雷が有効なモンスターは多いので真っ先に作ると色々助かると思います。

龍属性

龍属性でオススメなのは「龍封じの古弓Ⅰ」。

最終強化の手前の段階ですが、属性値450は魅力です。ネックは強撃瓶が使えないことかな。

最終強化にはマスターランク古龍の素材「太古龍骨」が必要になりますが、最終強化前でも十分に使える弓だと思います。

この弓専用の装備を組むなら強撃瓶追加スキルを発動させると良さそうです。
MHWでは強撃瓶追加スキルがありませんでした・・・。過去作ではあったような。。。

以上が僕がオススメする属性弓です。爆破属性は作ってないのと使用したことがほぼないので省きました。

どれも序盤から中盤あたりで作成可能な弓なので作っておけば長らく活躍するんじゃないかなと思います。

僕はソロでばっかり遊んでいるので防具は後回しにしていますが、マルチプレイで遊ぶのが中心の人は武器よりも防具の作成を優先したほうがいいと思います。

武器は上位のままでも戦えるので後回しでいいんですが、マルチで上位防具のままで死にまくったりしてしまうと楽しめないと思うので。

▼ブログランキングに参加中▼

広告

good!

© 2020 わるおの日常